« 5月15日古市場校 | トップページ | 絶対無理です »

2018年5月16日 (水)

続き小学受験中学受験イマドキトーク杉並マニアック編開催レポ

前記事の続き、
小学受験中学受験イマドキトーク杉並マニアック編を開催レポ後半です。
中学受験時代に、親子ともども助けてくれたものの話、後半です。

家の間取りの話などもありましたが、

食べ物に関しては、生協の軽食やおやつが役だったって話題もありましたね。

実は私、4つも生協に入ってて、

うち、3つの生協から、毎週、配達してもらってる生協マニアなんだけど、

塾弁に丁度いい感じのおかずや、

塾に行く前の軽食サピだと、お弁当は要らない代わりに、行く前に自宅で軽食を食べていくのが、他と違います。として、栄養面でも安心なピラフやパスタ、ライスバーガーンなど、いろいろ助けられたんですよね。

スーパーで扱ってる冷凍食品よりも、お肉や魚介や野菜がしっかり入ってるのがポイント高い(-)
前記事では、

受験のストレスから子どもを助けてくれたものが、

乳幼児時代に親しんだベビマも絵本だった、ってことを書いたけど、

一所懸命やってる乳幼児時代って、

今一つ、効果があるのか無いのか

よくわかんないなあって気がすることもあるよね。

でも、

幼い頃にやっておいて良かったって、

ほんとに実感されたベビマも絵本。
毎日やってた頃よりも、もっと効果が実感できたので、

思春期まで貯金してたんだって実感あったもの。
大きく利息を増やして貯金が還ってくる絵本と、

逆に、

読んであげた時、そのひとときの楽しみで過ぎ去ってしまう絵本との違いも、

中学受験の頃に身に沁みて感じたなあ。
利息の大きい絵本を紹介する会も企画中です!!!!
絵本だけでなく、漫画とか色、ご紹介する予定
大人向けの本も、いくつか紹介した中、
反響が大きかったのは、この2冊。

ピアノの森(モーニングKC)
今、ちょうどテレビでアニメが放送されてるよね。
日曜日の深夜0時10分から。
ピアノのコンテストに出る小学校高学年の子たちの描かれ方が

サピとかで頑張ってる中学受験生の子と激しく重なるんだ、

って言ったら、

みんなが一斉にスマホかざしてました
もう1冊が、これ。
羽生結弦語録
日本男子フィギュアの次世代エースとして注目を集め始めたところで、
東日本大震災で家もリンクも壊れてしまった仙台の羽生結弦選手が、

どんな思考方法、態度で、

怪我や病気などを乗り越えていったのか、

それがコンパクトに解る本です。
結果に繋がるポジティブシンキングと、

単なる言い逃れになるポジティブシンキングとの違いなども、

リアルに伝わってきますね。
お開きの後の雑談の中で話題に出たのが、コレ。
チームブライアン

羽生選手を66年ぶりの五輪二連覇に導いたブライアンオーサーコーチが、

選手たちの個性に合わせて指導し、

一人一人を大切にしていった結果、

世界選手権で、羽生選手だけでなく、そのライバルでもあるスペインのフェルナンデス選手をもぐんぐん伸ばして、

この2選手で、世界選手権の金メダルを4年間掴み続けたという、

物凄い実績が、

性格の違う兄弟二人を、それぞれに、伸ばしていくことのお手本にも見え、

読み始めたら止まりません。

もうね、親として参考になることが盛沢山。
全部はとても書ききれなくて申し訳ないんですが、

とにかく盛沢山の話題で、

あっという間の2時間でした。
まだ次回の日程は決まってなくて、

平日がいいか、土曜日が良いかなども、

決まっていません。

日程のご希望は、

こちらのお申込みフォームからお知らせいただけると助かります。

日程が決まったら連絡が欲しいという方も、こちらからご登録下さい。

要望等、ご登録フォーム

お産とおっぱいおしゃべり会では、子連れで参加できるイベントを、毎月阿佐谷駅近辺で開催しています。
日程や内容は、こちらでどうぞ(-)/

お産とおっぱいおしゃべり会のイベント一覧へ

育児情報ブログランキングへ

« 5月15日古市場校 | トップページ | 絶対無理です »