« 1682 夢二の逆転の発想 「宵待草」の花が咲く | トップページ | 暑かった まじ暑かった 暑かった - 柏市議会議員 日本共産党 渡部和子のひとりごと »

2018年7月14日 (土)

次期サッカー日本代表監督は誰が良いか

さて、

次期監督は、、、
日本人か外国人か?
外国人でしょう。
まだまだ、
日本は、
外国人監督が、指導するべきです。
ただ、条件は、
日本にあったサッカーで、
指導ができる人でなくては、
ならないんですよね。
ヒジカルが、強くないので、
パスを回しながら、
相手の弱点をついたり、
細かいサッカーをしていかなくては、
勝機がなかなか見出だせない、
それゆえ、戦略的に、
かなり精通してる監督でないと、
日本の監督には、合わない。
日本人は、
戦術の理解力が高いから、
それを活かした、複雑な戦術を、
実行できるし、
そこを、
最大限に活用できる、
戦術を指導できる
監督が理想ではあるんですが、
それじゃ誰?って話だ。
まずは、
名古屋グランパスで監督し、
アーセナルで監督をした、
ベンゲル監督が
良いんだけどね。
引き受けてはくれないだろうからね。
ならば、
ヨーロッパで、
W杯経験者で、
ミドルフィルダー。
いたいた、
イニエスタがいたwww
まだ、選手だからな。
次の次の監督候補だな。
日本代表は、主力選手が
かなり交代するから、
次の監督は、すごく難しいんだよね。
2大会後か3大会後に、
戦える戦力を、
考えてのチーム作りだからね。
それを知って、
日本代表監督を
引き受けてくれる人が
いるのかなって感じ。
多分、負けるから、
せっかく、良い監督迎えても、
交代せざる得ないかも。
だから、日本サッカーを理解している
元Jリーガーが良いかもね。
誰がやるにしろ、
基本は、つなぐサッカー。
名前があがっていた
ドナドニでも良いかも。
2022年は、土台作りの大会。
2026年に、
ベンゲル監督を8年契約
多分、無理だから、
2030年に、
イニエスタ監督
そこでベスト4以上を目指す。
それから、日本人監督で、
2034年は、優勝を目指す。
選手と監督の意思の疎通も、
W杯では、意外に、大切ですからね。
まだまだ、
日本は、サッカー後進国には、
変わりはありません。
だから、まだ、
日本人監督は、早いです。
ベスト16にあるいはベスト8の
常連になるようになれば、
日本人監督でも良いとは思いますよ。
とにかく、
3大会後を目指して、やらないと、
勝てない。
24歳、28歳、32歳で、2〜3大会を
経験して、そこをピークに、
選手を使って育てる
これしかない気がする。
ロシア大会を見て、そう思った。

« 1682 夢二の逆転の発想 「宵待草」の花が咲く | トップページ | 暑かった まじ暑かった 暑かった - 柏市議会議員 日本共産党 渡部和子のひとりごと »

無料ブログはココログ